炭酸の力
 

炭酸水とは、一定量以上の二酸化炭素が溶け込んだ水のことです。
一般的には清涼飲料水やアルコール飲料などの炭酸飲料としておなじみですね。

二酸化炭素には水に溶けやすい性質があり、圧力をかけながら溶け込ませると
開封したときにシュワシュワと発泡し刺激的な爽快感を得られます。
炭酸の発泡するという働きを使って様々な飲料や食品などに利用されています。

 


医療における炭酸の力
 

炭酸ガスは、ヨーロッパでは昔から医学療法に用いられてきました。


もっとも注目されている炭酸の効能は、血管の拡張を促す働きがあることから、動脈硬化、心臓病などの循環器系疾患に対する治療です。
しかも、血管の拡張は血圧を下げる働きもしますから、動脈硬化や心臓病のリハビリには大変重用されたのです。 今では、さらに「炭酸ガス効果」は広がってさまざまな治療に使われています。

炭酸ガスは脂肪に溶けますから、炭酸泉に入ることによって、皮脂腺が脂肪で覆われていても、皮膚に近い毛細血管や細動脈にもしみこみ、血管が広がり、血流が改善されるのです。

血液の循環がよくなることは、次のような効果をもたらします。

・血圧が下がる

・心臓への負担が少なくなる

・新陳代謝が活発になる

・エネルギー代謝が増える

・利尿効果があがる …などなど

 

このように炭酸は、炭酸水として飲んだり炭酸泉に入ることで、“からだにいい”効果をもたらしてくれるのです。

 

炭酸ミストスプレーの力

炭酸を皮膚に噴射することでも血管を拡張させ血流を促す働きがあることから、最近ではエステや美容にも積極的に取り入れられるようになりました。

 

炭酸(二酸化炭素)が浸透して血管に到達すると

血管は酸欠になったと感じて炭酸を押し流そうとして血流を増やします。

血流が増すことによって酸素や栄養素が供給されます。